自販機を設置するメリット|お得な情報を公開!

企業の福利厚生

自販機

低予算の効率化が大切です

資本主義社会における企業運営の目的は、最大限の利益を上げることにあります。そのため、主要業務だけではなく、業績を上げるために多彩な投資活動を行う企業は少なくありません。従業員の労働に対する動機は様々ですが、福利厚生を充実させて労働環境を改善することは非常に重要です。一方で、多額の投資は逆効果になる恐れがありますから、自販機の設置は低予算の効率的な労働環境の向上として人気があります。特に、地方都市に多い工場等は周辺店舗数の少なさを補うため、自販機の設置は高い需要があります。また提供する飲料の種類も豊富なうえ、希望があれば内容を変更することもでき、需要はさらに高まるばかりです。さらに、設置の際のスペースや初期費用も少なく済むので、コストパフォーマンスにも優れているといえるでしょう。

非常時の対応は重要です

労働環境に自販機を設置する第一の目的は、当然ながら需要の高い品物を手軽に提供することです。最も一般的な販売物は飲料水ですが、パンやレトルト食品等の食料品から雑誌等の嗜好品まで多様な品物の販売が可能です。自販機を設置する際に必要な電力は社会的に多様な使用方法があるため、社会福祉の一環として近年では万が一の事態に備えたAEDを備えている機種もあります。大抵は音声誘導が備えられているので、事前の準備がなくても簡単に使えます。また、東日本大震災で大いに役立ったように、災害時には内部の販売物を無料で提供するような構造にされている場合があります。また、リアルタイムの情報提供媒体として、社会生活に役立つ改良が進められています。